前へ
次へ

iphone修理の正規店と非正規店の違いとは

iphone修理には、正規店と非正規店での違いがあります。
正規店とは、Appleも含めAppleが認定している店舗での修理になります。
非正規店とは、Appleが認定していないだけであり、国が定めた総務省登録修理業者の認定を受けている業者です。
正規店でのiphone修理依頼の場合は、故障している部品を交換する際に純正は扱うため、高い修理費用がかかる場合もあります。
ただし、修理の間、iphoneの代用品を受け取れる場合があります。
非正規店においては、互換性の部品で代用する場合がほとんどであり、iphone修理の修理費が安く抑えられる場合がほとんどです。
ただし、修理の間、iphoneの代用品は用意されていない場合もあります。
iphone修理をする期間は、内容によっても様々ですが、傾向としては、正規の場合の方が時間がかかる傾向にあります。
正規のiphone修理においては、iphone修理後データが初期化される場合もあるのです。
そのため、予め、バックアップデーターを取っておかなければ、元の様に使えない可能性があります。

最短10分の修理でお待たせしない
携帯おまかせクンならすぐに修理できますのでご安心ください

iphone修理なら名古屋のiPhone Repair
修理のプロが在籍している当店にお持ち込みください

衝撃の激安価格でiPhone修理
新宿NO1の価格で修理を承っております

中古iphone修理もできる静岡のiPhoneステーション
古いiPhoneの修理お任せください

ご予約なしでその場でiPhone修理
スピード修理ならアイサポにお越しください

Page Top