前へ
次へ

水没によるiphone修理の豆知識について

水没によるiphone修理は、自ら考えて行おうとしてはなりません。
電源を何度も入れたり、充電し直せば、もしかすればと思われる人もいるでしょう。
水は、電気を通すため、取り返しのつかない結果を招いてしまいかねません。
iphone修理として、個人で温めれば、水が蒸発して元に戻ると考える人もいるはずです。
これもまた行ってはならない内容であり、温まった水が、充電電池に熱を与えかねません。
水没によるiphone修理は、自然乾燥させ、直ぐに修理に出すのが王道です。
現在、Appleにおいて、水没によるiphone修理は、保証対象外となっています。
また、正規でのiphone修理は、データが復旧できないデメリットもあり、動かない状態では、バックアップデータを取ることもできないでしょう。
非正規のiphone修理業者で、修理の依頼を出すのが無難であり、運がよければデータをも回復できるかもしれません。
データ復旧も行っている業者であれば、iphoneが直らなくても、データだけを取り出せる場合もあります。
新しいiphoneを購入した際に、データを移行させることが出来る可能性もあるでしょう。

Page Top